有酸素運動をすると脂肪が溜まる!?

有酸素運動,脂肪,溜まる

有酸素運動をすると脂肪が落ちると思っていたのですが、脂肪が溜まるって本当!?

 

どうやらこれは、うそのような本当の話のようです!

 

間違った有酸素運動をしてしまうと、逆に脂肪が溜まってしまう危険性があるみたいです!

 

有酸素運動のやりすぎが逆効果!?

どうやら、有酸素運動のやりすぎが逆効果になるみたいです。
有酸素運動を長い時間続けてしまうと、体の中ではインスリンが分泌されます。

 

インスリンというのは、厄介で
『脂肪溜めるサイン』
になってしまうのです。

 

だから、有酸素運動を長時間することで、逆に脂肪が溜まるリスクがあるということなのです。

 

では、どうすればインスリンの分泌を抑えることができるのでしょう?
それは、有酸素運動を軽め(5分程度)に抑えるということです。

 

有酸素運動を軽めにすると、インスリンの分泌がおさえられます。有酸素運動と成長ホルモンを出す無酸素運動を組み合わせることでより高い効果が得られることが研究結果でもわかっています。

 

なので、筋トレ前の有酸素運動を控え目にすることで筋トレの効果が高まるということです。

 

有酸素運動を最初にやればいい?

今までの常識では、有酸素運動をやってから無酸素運動した方が脂肪燃焼効果が高いと言われていました。

 

ところが、最近の研究結果では、無酸素運動をしてから有酸素運動をする方が効果が高いことがわかってきました。

 

それは、先ほど説明したように有酸素運動をすると「脂肪を溜めるサイン」が出てしまいます。そのため、無酸素運動をしてから有酸素運動をすることでインスリンの分泌をおさえる効果が期待できます。

 

さらに、無酸素運動を先にやった方が成長ホルモンの分泌量も明らかに増えるということもわかっています。

 

脂肪燃焼効果を高めるためには、

  1. 無酸素運動
  2. 有酸素運動

の順番で行いましょう!

 

さらに効果の高いサーキットトレーニング!

サーキットトレーニングを知っていますか?
有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることで、より効果を高めることができるトレーニングです。

 

やり方は簡単で、有酸素運動と無酸素運動を交互に行うだけです。

 

サーキットトレーニング中は常に高い負荷がかかった状態を作ることができます。さらに、高い心拍数をキープして脂肪を効率良く燃焼することもできるのです。

 

先ほど説明した通り、有酸素運動でインスリンが分泌するところを無酸素運動で抑えるため、脂肪を溜めるサインを打ち消すことができるのです。

 

効果的なのは、5分無酸素運動、5分有酸素運動を繰り返すトレーニングです。

 

さらにさらに効果的な方法!

サーキットトレーニングの効果をさらに高める方法があります!

 

それは、最近流行りの加圧シャツを着ながら、サーキットトレーニングを行うという方法です。

 

加圧シャツには、疲労を予防、改善効果が期待できますので、加圧シャツを着ながらサーキットトレーニングを行うことで、いつも以上にトレーニングを継続することができるのです!

 

おすすめの加圧シャツはこちらを参照

関連ページ

筋肉が疲れたらこの方法を試してみては?
筋肉を増大するために、日夜筋トレに励んでいると思います。ですが、筋肉の増大には、筋肉の疲れを取ることが大事です。筋肉が疲れた状態で無理に筋トレをしても、効果が下がってしまう恐れがあります。
筋トレ初心者にはスロートレーニングがおすすめ!
筋トレ初心者には、スロートレーニングをおすすめします!高速ダンベルや高速腹筋だけが筋トレじゃないですよ!むしろ、筋トレ初心者は、高速トレーニングをするべきではありません!
筋トレは方法よりもマインドだ~!
筋トレをやり始めの頃って筋トレの方法にばかりフォーカスしてしまいます。でも、方法にばかりフォーカスしてしまうと、たぶん筋トレの目標を達成できないでしょう。筋トレをやっていくには方法論よりもマインド論が大切なのです!