しっかり食べて、効率良く筋肉を育てる!

食べて,効率,筋肉

筋トレをしてもなかなか筋肉がつかない体質は、痩せ型の人に多いと言われています。僕自身も高校時代、野球をしていて筋トレに励んでいたものの、努力の割にはなかなか成果が得られず悩みました。

 

同じトレーニングをしているのにも関わらず、ウェイトや筋肉量の増え方は人それぞれ違います。

 

しかしながら、筋肉をつけることは、パフォーマンスや代謝の向上にもつながり健康を維持する面でも重要なことです。ボディービルダーとまではいかなくとも、いわゆる”細マッチョ”くらいにはなりたいものですね。

 

痩せ型の人は筋肉もつきにくい

痩せ型の人は脂肪がつきにくいのと同じように、筋肉もつきにくいと言われています。

 

食事として吸収したものをどんどんエネルギーに変えて活動してしまうため、タンパク質さえも燃料にしてしまいます。いわば、リッター5キロしか走らない燃費の悪い高級外車のような体質です。
まずは、そのことを心得たうえで生活することが大切です。

 

では、そんな痩せ型の人がどうすれば効率良く筋肉をつけることができるのか。

 

筋肉が増えていく仕組みとして、

 

『筋肉破壊→→→増強』

 

という流れがあります。

 

筋肉破壊というのが筋トレに当たります。筋肉に負荷をかけ、筋肉の繊維にダメージを与えます。
ダメージを受けた筋肉は、より強くなろうとする性質があるため、そこにタンパク質が取り込まれます。

 

この繰り返しによって、筋肉は増強していきます。

 

筋肉を即効でつけるならプロテイン!

ポイントは、傷んだ筋肉が増強するタイミングで、いかに効率よくタンパク質を取り入れるかです。
スピーディーに筋力をつけるためには、プロテインを活用するのもいいでしょう。

 

プロテインを飲むタイミングとして、

  1. トレーニング直後
  2. 就寝前
がおすすめです。

 

トレーニング直後は、筋肉がタンパク質を最も欲しがっているゴールデンタイムといえます。このタイミングを逃すわけにはいきません。そして、就寝前に飲むのもおすすめ。寝ている間に身体のメンテナンスが行われるので、タンパク質を摂取して眠りにつきましょう。

 

そして、せっかくつけた筋肉を減らさない努力も必要です。

 

痩せ型のひとは、食べても食べても太りません。そして、筋肉もつきにくい体質です。当たり前のことですが、しっかり食べることは基本になります。普段から肉や魚、大豆などのタンパク質を取ることも大切です。エネルギー不足に陥れば、生命活動を維持するために、筋肉が分解されてしまうことになります。恐ろしいですね。

 

そうならないためにも、しっかりとした食事をとり、胃袋を大きくすることも痩せ型の人のトレーニングの重要なポイントです。

 

加圧シャツを着て筋トレすると効果はある?

 

関連ページ

筋トレを継続できない人が多い理由って??
筋トレで大切なことは継続です。もちろん、その他にも重要なことはありますが、継続できないとスタート地点にも立てないですからね!どうして筋トレを継続できない人が多いのでしょう?
2ヶ月計画で腹筋割るのがベスト!
男なら目指したことありますよね?腹筋を割るのは男のロマンです!ですが、腹筋を割るというロマンを達成した人は、どのぐらいいますか?腹筋割るなら2ヶ月計画がベストです!