相乗効果あり!?HMBとクレアチンを併用するメリット

相乗効果,HMB,クレアチン

筋トレをしている人は様々な筋肉増強をサポートするサプリメントを摂取していることが多いですが、その筋トレをサポートしてくれる成分の代表的なものとして「HMB」と「クレアチン」があります。

 

このHMBとクレアチンはそれぞれ単品でも大きなメリットがあるとされていますが、併用することによって相乗効果が期待できると言われています。

 

HMBについておさらい

まず、HMBとはどういったものかというと、必須アミノ酸「ロイシン」の代謝物質で筋肉の合成促進や分解抑制効果などがあると言われているものです。

 

クレアチンもアミノ酸の一種で、筋肉中にありエネルギーの生成をするものでタンパク質には含まれない成分になります。

 

したがって、HMBは筋肉を素早く作るサポートをすると同時に筋肉を分解させないアミノ酸なので筋肉の増強には欠かせず、クレアチンは筋肉を作るためのトレーニングのパフォーマンスを向上させるサポートをしてくれるという働きがあるということです。

 

HMBとクレアチンは併用した方がいいの?

HMBとクレアチンを併用することでお互いのサポートをしてくれる訳ですが、併用した場合とそれぞれを単品で使用した場合の除脂肪体重や筋肉強度は大きく差があるため、併用したほうが優位になるという実験データも出ています。

 

同じトレーニングをしたとしてもHMBやクレアチンを摂取しない場合、HMBやクレアチンを単品で摂取した場合、HMBやクレアチンを併用した場合で差があるということはそれだけ効率よく筋肉増強出来るということなので、結果を早く出したいという方は併用が必須とも言えるでしょう。

 

しかし、HMBとクレアチンは摂取方法も重要で場合によっては効果が落ちてしまうこともあります。

 

HMBの摂りすぎに注意!

相乗効果,HMB,クレアチン

HMBの1日の摂取量は1.5gから3g程度で体格やトレーニングの内容で調整します。

 

HMBを摂りすぎてしまうと、原因は明らかになっていませんが効果が落ちてしまったという実験結果もあるので、一日に多量に摂取するのではなく継続することが重要ということが言えるでしょう。

 

クレアチンの1日の摂取量は3gから5gで、クレアチンの場合は多量に摂取してしまったとしても一定期間は体内に貯蔵しておくことが可能です。ただし、貯蔵できる量は限界がありそれを超えると尿として排出されるので意味がありません。

 

摂取するタイミングは、HMBは食後や筋トレの前後ならいつでもOKで、クレアチンは筋トレをした後に摂取することで効率的に吸収することが出来るとされています。

関連ページ

BCAAを徹底解剖!【BCAAに筋トレ効果あるの?】
BCAAは知っていますよね?筋トレについて、あれこれネットサーフィンしているとBCAAという言葉が目に入ってきますじゃあ、BCAAにどんな効果があるのかわかりますか?ここでは、BCAAについて掘り下げていきます!
筋トレ初心者必読!HMBサプリのすばらしい効果
筋トレ初心者はぜひ読んでみて下さい!HMBサプリにはすばらしい効果が期待できます。せっかくならHMBサプリの効果を最大限に活用しましょう!
HMBサプリとプロテインはどちらも必要?
筋トレするならサプリを活用しないと非効率です!せっかく同じトレーニングをしてもサプリを活用する場合としない場合では、その効果は段違いです!